• 2017/03/29
  • by 道太

言葉の解釈

先日、本屋に行って目についた本を数冊一気に買った◎


その中で、ムック本で日本語についての物がありそれも買った◎

その本の中で、とある詩が紹介され、少しだけ解説が付いていた◎


待つ人は

つねに来る人 より多く

この街にまた

聖夜ちかづく



という詩について


『待ち合わせスポットだろうか。

来る人より、待っている人が

日に日に多くなっていく年の瀬の情景を見事に詠んだ一首』




この解説を読んで

ん?と思ってしまった◎


僕の中では

待っている人が、日に日に増えていくのを詠んだ詩には捉えられず


待つ人がいるからこそ、来ると言う行動が成立するわけで


待つ人の数≧来る人の数

(誰かを待っている人が全て会えた場合のみイコール)


という聖夜が近づく中でのちょっと切ない気付きに対しての

詩だったんじゃないかな、なんて思ってしまった◎





話しは変わり


僕の変なTシャツコレクションの中に

こんなのがある◎




NO

Future

Future

Future


と書いてあり、購入して以来ずっと

【お先真っ暗Tシャツ】

僕はこれを呼んでいた◎


未来なんて、何もない!


みたいな感じで解釈していたからだ◎



でも最近


ふと、

”NO"の部分だけ色が違うってことは


Future Future Future

つまり

この先、将来、未来


ばかり考えている奴に対して”NO"と言っているんじゃないか

などと思い、それから僕は


【輝ける今を生きろ!Tシャツ】として

率先して前向きに着るようにしている◎


同じ言葉でも

捉えようによっちゃあ、全然違ってくるんだよ

っていう話◎



ただ先週

彼女にフラれた、というあいつの相談に乗っていたとき

ふと自分のお腹を見たらこの文字が




お先真っ暗と取られてないだろうか




それだけが心配だけど

いまさら聞くほどのことでもないか◎

  • 2017/03/28
  • by 道太

昨日は大阪へ旅立つ友人の送別会だった


感動して泣いている傍らで


久しぶりに肩を組んで飲み合った◎



肩を組んで

歌を歌った◎



歌を歌って

また飲み合った◎



飲み合って

まだ肩は組んでいた◎




昭和かもっと昔か、の香りがするこの飲み方だけれども


とにかく肩を組み合うことで

さらにもう一つ心を深く組み合えた感じがした夜だった◎



友よ、元気で、また飲もう◎

日記カレンダー

投稿者一覧

道太

 

投稿数:1843

投稿数:1

投稿数:1

投稿数:21

投稿数:2

S

投稿数:1

投稿数:9

投稿数:30

投稿数:1

TWO

投稿数:95

投稿数:2

投稿数:29

投稿数:1

投稿数:23

投稿数:2

投稿数:1

373

投稿数:1

投稿数:1

投稿数:14

投稿数:2

投稿数:1

投稿数:1

投稿数:2

投稿数:157

投稿数:1

投稿数:1

投稿数:1

投稿数:38

投稿数:1

投稿数:1

投稿数:1

投稿数:3

投稿数:47

投稿数:15

投稿数:1

投稿数:1

投稿数:7

投稿数:39

投稿数:3

投稿数:1

投稿数:18

投稿数:2

投稿数:1

投稿数:1


PAGE TOP